すべては大陸から!琉球に実在する占い師ユタの秘密

古くから沖縄には”ユタ”と呼ばれる特別な能力を持つ人々が存在しています。東北地方の巫女さんやイタコ、いわゆる霊媒師に近い認識でしょうか。

しかしユタには沖縄独特の歴史が大きく関係し、一言で霊能力者のようなオカルト的な表現は腑に落ちない神秘さも浮かび上がってきます。

そんなユタの歴史と役割、現存するユタたちの生活を覗いてみましょう。

古くから沖縄には、御獄などの聖地やグスクと呼ばれるお城において、集落や部落などのまつりごとを司際する神司と呼ばれる神人(カミンチュ)と各個人の運命や土地などの厄払い的な任を担うユタが存在します。

この二者の関係性は、相反する事柄が多く役割が分かれているが、二者共に沖縄の人々には指示される民間信仰の支えとなってきました。

あくまで民間での認知の世界であり、沖縄での公的な場での能力利用は無いものとされる。前述の神司は女性のみが名乗れる名であるのに対し、ユタは男性も存在しています。

実際のところユタを探すのはなかなか容易なことではありません。これは古くからの沖縄の歴史に関係しています。

リュウキュウ王朝時代も含め、ユタとは正式な職業でなければ国から認められていた存在ではありません。それゆえ、政府などからは国民たちに余計な信仰を吹き込む邪魔な存在とされていたようです。結果として、ユタ狩りやユタ禁止令などが発令され、自らユタを名乗るものはいなくなってしまいました。

しかし、現代に至る前その存在が途切れることなく受け継がれてきたのは、民の中に多くの指示があったからではないでしょうか。当時原因不明の病に犯されて医者に診察をしてもらい、それでもと完治できない場合、その医者がユタに見てもらうことを薦めていたそうです。それ程、信用度もあったのでしょう。

では、ユタとはどのような経緯でなるのでしょうか。

ユタの多くは、幼いころから他人と違う能力が自分に秘められていることを認識するそうです。さらに御獄などの神聖な場所に近づくと頭に激痛が走ったり、体全体に何らかの変化を感じるのだそうです。

そういった経験をしていく中で、自分がユタであるのではないかと気づき、修行を重ねていくようです。また代々の家系も影響しているようで、親から子へ、さらに孫へと能力が引き継がれていくこともあるようです。

ユタの役割には、占いのような要素も多く含まれています。お墓の移動や、新たな土地への移居のアドバイス。また婚礼の日取りなどを決めるなどのほかに、未来を予兆できるとされ、その発せられた言葉を参考に大切な行事の日取りを決める人々も多くいたようです。

やはりどの時代でも人々は、より困難の無い幸福な人生を送りたいという願望は持ち合わせていたようですね。

そしてそれを知り得る者にアドバイスを受け参考にし、生きる未知を選択してきた歴史があります。もちろんそういった能力を信用せず、耳を貸さない人々も多く存在していたことでしょう。

しかしこの先平和を目指すものにとって、神に祈りを捧げるのか、はたまた人間の科学がそれに変わるのかは断言できないところがあるのではないでしょうか。

そうなると、ユタのような神や自然に通ずるものたちへの信仰は、消えることなく継承されていくのです。

とても不思議で神秘的な存在である沖縄独自の存在ユタ。このユタたちが沖縄全体の、ただ家族や仲間の幸せを願い生活するものに大きな道しるべを灯し続けてきたのでしょう。さらにその明かりの元はこの先も、ユタの手により灯され続けることでしょう。