近未来占い!!なんでもありのおちゃらけ占い術

占いの歴史は遥か昔紀元前から始まり、現代まで続いています。そして、その方法は時代と共に変化を続けてきました。もちろん、古代からそれ程手法を変えることなく伝承されてきたものもあるでしょう。

そして、占い自体に対しての考えや捉え方も時代と共に変化をしてきました。そもそも占の起源とは神と題される自然の声を聞き、その現象から、国家や文明の行く末を案ずる神聖なツールでした。

しかし現代では、もちろん一部ではそういった嗜好も残っていますが、娯楽ツールとしての発展が著しい様に感じます。占い自体行われた当時から科学的な根拠や確固たる理由が存在していたわけではありません。

現代行われている”娯楽”として意味合いの強い占いには、驚くようなものや笑ってしまうようなものがとても多く生まれています。当たる当たらないではなく、楽しいか面白いかで、流行ったり、または消えていったりしているような気がしますね。

今回は、そんな変わったとても面白い占いをいくつか紹介していきましょう。

まずは、コーヒー占い。これはカフェなどでコーヒーを飲んだ際に、カップの底に残ったカスなどで運勢を占う。まさに根拠の無い方法ですね。しかし、カップルなどでデート中に立ち寄ったカフェで行うと盛り上がるかも。

回転寿司占い。回転寿司のお店に行き、5皿好きなネタを選び食します。その選び取ったネタによって占う。これも大人数でやったら面白いかな。

いぬ占い。好きな犬の犬種によってあなたの恋愛相性を占います。犬好きはやってみたいかも。

電卓占い。電卓を利用して、気になる相手との相性を占う。ここまで来ると楽しみ方も難しいですね。

以前、何年か前に流行った「動物占い」。これは今現在でも進化を遂げ動物の数も60種類に。この数だと幅広い意味で当たりそうな気もしますね。

この「動物占い」をきっかけに、○○占いという何でもありの占いが増えてきたようにも思えますね。しかし、何かを選ぶという共通点はあるように見えてきましたね。確かにそこには個性が表れてきますよね。その先の、結果には合点がいかない部分もありますが、行為そのものが楽しければ良いのでしょう。

まだまだ変わった占いを探し出したらきりがありませんが、方法は何でも良いのでしょう。

現代に生きる人々が悩みや不安を和らげる一つのツールとして存在価値があるのです。誰もが知りたい未来のことや気になる相手との相性を自分が選択し、その先に導き出された答えに一喜一憂して、娯楽として楽しむという需要が多くあるような気がします。

このような種の占いは、出された結果自体には依存はなく、その場での楽しむものなのでしょう。しかしながら、その導き出された結果の中に、自分という中に潜む、未知な部分を探るヒントとして受け入れる側面も持ち合わせているかもしれません。

この先も色々な占い方法が生まれてくることは容易に予想できますよね。それは占いというジャンルが現代人に必要であり、需要が溢れる分野であるといえる確固たる証拠なのでしょう。