発行部数で比較しよう!売れてる占い本はこれだ!

日本には毎年多くの占い関連の書籍が発行されています。当然、同様の占い本だけでも、毎年の運勢毎に発売されるわけですので新たな新書として発行されていきます。

さらに、それとは別に新たな種の占い本も頻繁に発売されていますね。実際のところ、占い方法が類似していても、種類が豊富すぎてどれを手に取ったらいいか選び疲れてしまいますね。

今回は、占い方法別の書籍の中で売れ筋の本や人気占い師の紹介をして見ましょう。

やはり、日本の占い師の第一人者である細木数子氏の著書は群を抜いて売れ筋ですね。累計9300万部以上で世界記録としてギネス認定も受けています。現在はTVなどの露出が多く、その影響も大きかったと思います。

細木氏が独自の研究で編み出した「六星占術」という占いに関する著書が中心です。この六星占術は古くから中国に存在する、易学や万象学を元に確立されたとされています。

では、代表的なジャンルごとに見ていきましょう。

まずは、四柱推命。この四柱推命とは、中国から古くから伝わる人の命運を占う方法です。

1位 怖いほど運が向いてくる!四柱推命(青春新書プレイブックス)
2位 ゲッターズ飯田のあなたのこたえ合わせ占い60の人間性ニックネーム
3位 昇龍の四柱推命開運暦

といった感じになります。2位のゲッターズ飯田氏もよくTVなどでお見かけしますね。

次は手相占い。こちらは誰もが知る占いですね。手のひらの皺、手相からその人の人格や運命を導き出す占い方法ですね。数ある占いの中でもかなりポピュラーな部類に入るものです。

1位 すぐに役立つ銭流なるほど手相術
2位 運気アップ手相術 手のひらが教えてくれる幸せのサイン
3位 島田秀平の手相占い

やはり書籍数多い手相占い。様々な本が出ていますね。島田秀平氏もTVで人気の芸人さんですね。どうしてもマスメディアでの露出は本の認知度も高く、売り上げにも影響してきているようです。

では、タロット占いはどうでしょう。タロット占いとは、タロットカードと呼ばれる専用のカードを使用して占う方法。

1位 タロットバイブル78枚の真の意味
2位 シークレット・オブ・ザ・タロット 世界で最も有名なタロットの謎と真実
3位 いちばんやさしいタロットの教科書

タロットの世界になると海外の書籍が多く、それを和訳したものが発売されている傾向が他の占いより多い気がしますね。

最後に星座(星)占い。

1位 六星占術による~シリーズ~
2位 星ダイアリー~シリーズ~
3位 3年の星占い~シリーズ~

こちらは星座ごとの書籍になりますね。細木数子氏のシリーズはやはり人気ですね。

代表的な占いに関する書籍の売れ筋はこのような感じになっています。書店に行くと本当に多くの数が所狭しと陳列されていて、迷ってしまいます。今回のこのランキングを参考に手にとって見てはいかがでしょうか。

また、神秘的な占いの世界ですので、偶然手にしたものをそのまま購入してみても面白いかも知れませんね。