開運!易の世界でハッピーライフを手に入れよう!

長い人生の中では、幸、不幸が繰り返し訪れます。何かに頼りながら毎日を過ごしているのではないでしょうか。これは生きる全ての人が同じだと思います。

しかしできれば不幸は避けたいですよね。しかしそれは非常に難しいことです。良い事ばかり訪れる人生は絶対にありません。これは人の力では変えることのできない宿命のようなものです。

では、より幸福感とともに時を過ごすには、どのような手段を見につけることが最善なのでしょうか。幸せが訪れるように毎日神様にお祈りするのか、高いお金を払って厄除けアイテムを買い続けるのか…。少しピンときませんよね。

一番の理想は、自分の人生でこの先何が起こるのかを知ることですよね。何が起こるか事前に知ることさえできれば、危険や不幸を回避することも可能ですよね。しかし、当然容易にできることではありません。

当然人間は、ドラえもんのタイムマシーンの様に簡単に時空を越えることは不可能ですよね。

この思考は、地球上に文明が誕生した古代から続く、人々の共通の願望だったはずです。文明を発展・継続させるために、国王を守るために、この先起こる災いを事前に察知し回避し、守ろうと。

そこで古代人が考えたことが、自然界の長である”神”の声を聞くことでした。自然界に起きていることこそに、未来の吉凶の予兆が表れていると信じていたのです。そしてその長である神の声を自然現象から読み取り、予言として神聖に扱ってきたのす。これが易(占い)の起源です。

そして易の世界は現代まで、色々な変化を経由しながら伝えられてきました。さらに未だに発展し続けてるといっても良いのではないでしょうか。自然界から発信されるメッセージを受信し、その波長に調和していくことこそが人類に幸福をもたらすという古代からの思考と共に。

易は、様々な自然現象などをもとに、様々な種が生まれて気ました。日本に伝えられたのは5世紀~8世紀ごろ、中国からとされています。人々の精神的な支えとしての多きな役割と共に続いてきました。

これは、現代様々な逆境に生きる私たちにも十分に利用できるツールであると思います。もちろんこの手の類にアレルギーがあり、拒絶感が高い人も少なくないでしょう。でもそれでも良いのです。

しかし、科学の発展と共に減退しているように感じる自然との調和。地球上に生きる私たちも自然界の一員であることを忘れてはいけません。

ここ最近は世界中でも自然保護の運動が活発になってきていますが、もう一度、自然の摂理に従い、波長を合わせ生きていくことに回帰しても良いのではないでしょうか。

その自然の摂理・法則を元にして発展し伝えられてきたのが易の世界です。この易の世界に少し目を向けることこそが人生の充実に繋がり、自然との共生になることでしょう。

幸福の価値観は十人十色であると思いますが、易を通し自然界の一員として毎日の生活を送ることは幸福を呼び寄せる重要な要素になりそうですね。

一度目を向けてみてください。あなたにハッピーな毎日が訪れますように。