運命とは!易から見る人間に与えられたこの世の役目は?

人間の運命とは一体何なのでしょうか。そしてそれは自分の意思で変えることはできないのでしょうか。さらにそれを変える事は人々にとって有益なのでしょうか。

古代から現代まで続く人類の歴史には、どのような運命との関わりがあったのでしょうか。

そこには、易の世界にたくさんのヒントが隠されているように推測します。自然の摂理、文明、宇宙など人類の環境を取り巻くキーワードから紐解いてみましょう。そこにはどんな神秘的な思考が隠されているのでしょうか。そして人類はどこに向かうことが正しいのでしょうか。

易とは、古く中国で生まれた占いの方法です。国家の行く末を予兆する手段として人々に信じられてた。周の時代の易が礎になることが多く”周易”と呼ばれる場合もあります。

その手法や内容には、日常生活の知恵が多く使用され、哲学的要素も強く含んでいます。思想としては、物事には全て”陰”と”陽”で形成されており、自然界において陰陽は無限に変化し繰り返されるとされています。

この思想の部分こそが易と人間の運命を繋ぐ重要な考え方である。この事実こそ、易が単なる占いではなく一種の思考学問に属する理由であります。

易は周の時代から始まり、長い長い中国の歴史の中で発展し、完成されたものです。それゆえ、あらゆる時代のデータを集めた統計学的な側面もあるのです。前述のように世界は常に陰と陽が激しく変化を繰り返し、そこに原理や原則が生じています。

その変化に、命を受けた人類が調和することによって現実の世界がなりたっているという世界観なのです。

運命とは、止まることなく常に変化を生じ、新たに生まれかえるという自然界の摂理の中に成り立っているという考え方の元にあります。

そして宇宙を含む自然界の原理の中で、自己を築き上げていく存在なのです。

自然と人間の命との間には、切手も切れない因果関係があるのです。人間の運命は自然界との繋がりがなくしては繁栄していくことはできないというのです。このことを易の本質的な思考の中に見出すことができるのです。

つまり、要約してみると、人間の運命とは、この世を支配する自然界の摂理と融合して発展していく、ということになります。

易が導き出す道しるべは、自然の摂理に基づき、人が歩み変化していく本来の正しい姿をなぞっているといえると思います。

さらにその道を歩むことこそが、地球上に命を受けた人間の役割、運命だということを易では強く訴えているのです。一見神秘的な見方他やオカルト的な見方がされやすい易(占い)ではありますが、本来の意味や意義はここにあるのです。

この思考こそが、古代より多くの文明を維持・発展させ人類の進化を後押ししてきたのです。自然の声を聞き、原則を見つけ、人間の本来あるべき姿を示し自然と調和した生き方を導いていたのです。

現代科学の進歩と共に、自然との調和が乱れていく世の中で、もう一度原点に戻るために易の思想を再確認するタイミングが訪れているかもしれませんね。