古代の占い方は?信じられない占い方法はこれだ!!

”占い”と一言でいっても、今の世の中には数え切れない程の種類が存在しています。

星座占い、血液型占い、星座占い、タロット占いなど誰もが一度は聞いたことのある代表的なものから、妖怪占い、いぬ占い、香水占い、漫画占いなど、何でもありかよって具合で無限に出てきます。

ここまでくると、占い結果が当たる当たらないは二の次で、行為そのものを楽しんでいる風潮もあるかも知れないですね。

現代に生きる私たちの中で、一度も何かしらの占いをやったことが無いという人は、極めて少ないのではないでしょうか。

占いの起源は、紀元前より遥か昔とされていますが、この時代にも当然今では信じられないような占い方法が存在していたのではないでしょうか?

現代とは占いの意味というか、占いに対しての考え方が少し違ったものだったことは想像ができますが、国の行く末、文明の発展などとても重要事項の道しるべとなり得るツールだったのではないでしょうか。

そんな時代の変わった占い方法をいくつかご紹介してみましょう。

ある説によれば日本の古墳時代には鹿の骨を用いて、”太占”という占い方法が主流だったとされています。鹿の肩甲骨を焼いて、そのひびの入り方で吉兆を占う方法とされています。

この方法はお隣の大陸、中国から伝わったようです。

占いの起源として代表的なものに”亀卜”があります。”きぼく”と発音しますが、字の如く亀を用います。亀といっても甲羅の部分ですね。

こちらも太占と同様、亀の甲羅を熱し、ひびの入り方でこの先の吉兆を占うのです。中国で紀元前から行われていた記述も残っています。その後、5世紀から8世紀頃の日本にも伝えられたとされています。

前述のように、この時代の占いが国や文明の発展を予兆していたとされていますので、今から考えるとこの方法では少し頼りない気もしてきますね。

西洋の方に目を向けてみますと、西洋は紀元前からすでに占星術が発達していたようです。いわゆる星占いの起源ですね。

しかし、当然現代のような精密な機械などはありませんので、言い換えれば少し適当ではあったようです。二つの分かりやすい星と太陽の位置のみで答えを出したり、毎日の天候具合などを参考に、川の氾濫や地震などを言い当ててたような記録もあるようです。

今では考えられませんが、当時は必死にこの先起こる吉凶を知っておきたかったのでしょう。少し、幼稚なこの方法が現代浸透しているあらゆる星占いの礎になったことは間違いありません。長い長い年月をかけて発展してきたのです。

文頭に述べましたが、古代にももっともっとたくさんの占いが存在していたかもしれません。現代とは物質的な違いは大きくありますが、水や石、木や風など自然界のものを利用して、五感で感じ、自分たちの文明を発展させ滅びることの無い道筋を必死に模索していたのだと思います。

現代から見れば、占いの方法自体は幼稚で全く根拠の無いようなもですが、重要度としては比べ物にならないものだったかもしれませんね。