あなただけじゃない!人は不安を抱えそれぞれの人生を歩んでいる

現代社会に生きる私たちには、それぞれを取り巻く環境によって喜びや不安、安堵や怒りなど複雑な感情が絡み合っています。

そんな複雑な心境を,家族や友人たちと共有したり、または排除しながら長い人生を歩んでいます。

しかしながら、誰にも相談できずに、苦しい心の内から中々抜け出せず、もがきあえる経験もすることでしょう。そんなときには、何かに頼りたくなるような孤独感も訪れてきます。これは特別なことではなく、今生きる全ての人々に思い当たる場面があったはずです。

誰もが、苦労は少なく幸福感に満ち溢れた生き方をしたいと願っています。しかしながら、人間には不思議とバイオリズムがあり、苦楽が繰り返し訪れます。自然界に生きる宿命というか、地球、または宇宙の呼吸のようなリズムで行われる神秘の世界があるのです。

それは現代だけに限ったことではなく、人類が誕生してからの長い長い歴史の中、繰り返されてきました。と同時に多くの人類がその自然の法則を追求し、理解しようとしてきた歴史もあるのです。

それは今現在に、色々な形で伝えられ残され、利用されています。大地に問いかける者、星を見る者、風をよむ者、易を極める物、とても多くの方法が歴史の中に記録があります。誰もが、来るべき不幸を察知し、回避し、より難の無い人生を送りたいものなのです。

それが、繰り返し行われてきた人間の長きに渡る歴史でもあるのです。山や海、木々などを神と定め、祈りを捧げてきた歴史は事実あった訳です。

自分に合った占いで日々の心にゆとりをもって生活を送ろう!

この”易”については、紀元前1000年ごろの中国が起源であるのが通説になっています。しかし、書物としての記述がそのころを指し示しているのであり、さらにその以前からいわゆる占いのような形で行われてきたのではないかと考えられています。

未来に起こりうる不幸や災いを完璧に知ることは不可能です。しかし、前記のように、何かバイオリズムのようなものが有るとするなら、それを知り、活かすことは可能ですよね。そのバイオリズムは自然界におこる現象に大きく関わっているとされています。人間も当然自然の一部ですから、その大きな流れには逆らえないのです。なんかに頼り、支えあって生きることは決して恥じることではないのです。そうやって人類の繁栄、歴史は繰り返されてきたのです。天や神、自然の法則を知り、力を利用し人間界を発展させてきたのです。

まやかしと思う人も要るだろうし、弱い人間の逃げと思うものもいたかもしれません。ただ、この何千年もの間受け継がれ、進化を遂げてきた事実もあるのです。

そうした人類の歴史の中、世の中にはとても多くの”易”いわゆる”占い”が存在しています。決して良いとこ取りばかりではなく、良くも悪くもバイオリズムとして理解し、不安を和らげるツールとして付き合いたいですね。信じないのも一つですし、参考にするのも一つです。世の中に溢れる占いの中から、自分の人生に少しでもプラスになるようなものを選び、上手く利用していくのが醍醐味でしょう。

人間の人生は当然思い通りには進んでいかない事のほうが、多いでしょう。ただ一度きりの人生を楽しく価値のあるものに作り上げる権利は誰にでも存在します。そのちょっとした後押しにもなり得る可能性も秘めていることでしょう。